11 - 試行錯誤の文化におけるイノベーション

アイデアのためのスペースを増やす

アインシュタインは 、相対性理論に至る紆余曲折の道のりで、すでにこのことを経験している。もしエラーが許されないなら、失敗が禁じられるなら、知識も革新もない。

アイデアが生まれるには、スペースが必要です。壁が迫ってきたとき、考える余地はただ一つ。「どうすれば、この閉塞感から逃れられるのか?

革新性を開花させるためには、温床が必要です。確かに、刑務所の中で小説が書かれたこともある。しかし、社員を監禁して刑務所のような会社で、良いアイデアが生まれ、その子供たちがイノベーションと呼ばれるようになると、誰が本気で信じているのだろうか。

それはナンセンスだ!複雑化しすぎた時代に、倒産を増加させるナンセンス。

次に、ナンセンスその2:何か新しいことがあっても、何も間違ってはいけない。

ミスをした者は罰せられる。アジャイルの世界では、最大の失敗をできるだけ早く犯すことが重要であり、そうすれば、それほど大きくはない失敗をより早く修正することができる、ということが広まっている。

このような考え方の結果、エラーカルチャーと呼ばれるようになったのです。私たちは、失敗から最も多くを学びます。それを受け入れると、継続的な学習が生まれます。複雑性が急速に増している時代には、継続的な改善のための継続的な学習が必要です。エラー文化はイノベーションの前提であり、競争力のブースターである。

12 - 顧客重視の姿勢