6 「ルールベースのヒエラルキーよりサーバント・リーダーシップと原則ベースの自己組織化

なぜなら、ルールは昨日のことだが、原則は必要だからだ

本当の仕事をする人たちを応援する。原則に基づいた開発の場を提供する。

  • サーバント・リーダーシップの特徴は、積極的な傾聴、共感、責任感、他者の成長を積極的に促すこと、共同体意識、説得力などです。
  • サーバント・リーダーシップは、ルールを必要とせず、原則によって導かれるため、ポジティブな環境を作り、チームをサポートすることができます。
  • サーバント・リーダーシップは、従業員に力を与え、能力を強化し、能力に耳を傾け、エラーと継続的な学習の文化を保証します。
  • サーバント・リーダーシップは、何よりも底辺の自己組織から生じる原則によって導かれる。
  • サーバント・リーダーシップは、ボトムアップが効率的でないと思われる場合にトップダウンを主導・指示するが、原則的にはボトムアップを優先させる。

サーバント・リーダーシップとは

最高の状態で仕事ができる環境を整え、仕事の質を向上させること。従業員の創造性と成長を促す雰囲気を提供する。ルールは開発の場を狭め、創造性を阻害するものであり、排除されるべきものである。原則は、開発のための空間を定義し、それによって余地を与えるものです。創造性を発揮する空間。継続的に学習できる空間改善の余地あり。

昔の摂政は民衆に仕えるふりをして、王室の混乱を招くことが少なくなかった。シェイクスピアによってしばしば描写される。そのため、工業化時代の王たちは、奉仕することを省き、完全にリーダーシップに専念してきた。リーダーシップの手段:権力、ルール、ルールに従わない場合の罰。

工業化時代の王は、労働者の軍隊に、技術は必要だが高度な教育を必要としない、主に手作業で行う仕事をさせた。

デジタル時代の要件は、非常に複雑です。手先の技術ではなく、知的な専門性が求められる。この能力を開発し、展開し、最適に活用するためには、サーバントリーダーシップが根本的に必要である。

今日の社員は、非常に高い教育レベルを持つ知識労働者です。

ルールとトップダウンで古典的なパターンで統治するのであれば、辞められても仕方ないでしょう。ナレッジワーカーは、自己組織化において常に改善する原則に導かれています。

7 - 役割の明確化