9 - 「ミーティア」に代わる話題性のあるデジタル非同期通信。

会議には貴重な時間とエネルギーがかかりすぎるから

有意義なコミュニケーションとは、常に会議をすることと同義ではありません。非同期通信はその解決策を提供します。

イテレーションプランニング、デイリースタンドアップ、リファインメント、レビュー、レトロスペクティブ、ビッグルーム、ステアリングコミッティミーティング - 会議に会議を重ね、タイムゾーンを越えて。打ち合わせは丸一日かかることもあります。開発のために足りない時間廃棄物"メーテル炎 "は伝染性の病気です。スクラムやホラクラシーなどのアジャイルフレームワークで横行しています。常に話したいという気持ちが大きいのです。すべては、みんなと調整しなければならないのです。

クリアデジタル時代の複雑化は、依存関係を調整するためのコミュニケーションに依存しています。しかし、課題別・能力別のコミュニケーションに最適なのは、非同期のデジタルアライメントです。
優先順位や対応スピードについて、自己組織的な判断が可能です。これは、時間帯やデジタルチャネルを問わず、最も効果的な方法です。そのため、無駄な時間を省くことができます。

大広間での会議は、社員にとって社交の場として人気があるかもしれません。特別に設計されたチャネルでの非同期コミュニケーションや小規模な会議では、望ましい結果が得られない場合にのみ意味がある。

特に大企業では、実際の仕事から会議に逃げ込む傾向がよく見られます。その結果、高い能力を持つ社員が、製品開発のために有意義に使えるはずの時間を、議論に明け暮れることになる。

これは確かに大げさですが、「ミーター炎」(とそれを抑える方法)というテーマでの提案として参考になります。

コンピテンスは、対応するコンピテンスと最もよくコミュニケートする。そのためには、それぞれのコンピテンシーをコンピテンシー・フィールド(Augmented Leadershipではコンピテンシー・サークルと呼ぶ)に整理することが前提条件となる。コンピテンスサークルは、ビジネスから開発まで、会社のあらゆるレベルに存在します。それぞれのコンピテンスサークル内では、原則的に会議での同期的なやり取りよりも非同期的なコミュニケーションが望ましいとされています。しかし、それぞれのベストプラクティスは、自己組織的に、それぞれの要件に従って開発されなければならない。

10 - ビジネス・アジリティ